なんとかなるかも!賃貸物件の収納能力について

フリーレントの賃貸物件とは

最近よく耳にする「フリーレント」という言葉。
フリーレントの賃貸物件とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
フリーレントとは、読んで字のごとく、「レント=家賃」が「フリー=無料」ということです。
では、延々と家賃がただな状態が続くのか…と言えば、そんなことはありません。
入居後のある一定期間だけ家賃が無料になるということです。
平均的には、1ヶ月〜3ヶ月の間の家賃が無料になる物件が多いようです。
何か訳あり物件なのでは?と思いますが、そうではなく、実はその物件の持ち主にとっては、空室の状態が続いてしまうと家賃収入が入ってこないので困りますし、かといって、家賃を下げて物件を募集するとすでに住んでいる人から文句を言われるし…という問題があります。
それなら、無料で住んでもらい気に入ったらそのまま契約してもらったほうが、確実に部屋は塞がりますし、家賃を下げなくてもすむのでそれなりにメリットはあるのです。
借りる側にとっても家賃数ヶ月分が無料になれば、引越し費用や家具代などに充てられるのでかなり助かる話なのです。
通常、賃貸し物件を借りる場合は、敷金、礼金、仲買手数料などの費用が必要なので、それなりにまとまったお金が必要になります。
礼金はゼロという物件もありますが、家賃の数ヶ月分は必要ですし、引越し費用もかかります。
フリーレント物件であれば、例えば家賃10万円で3ヶ月フリーレントなら、30万円は浮くわけなので、初期費用がかなり節約できます。
ただし、注意しなければならないのは、1年以内に解約する際には違約金を支払う義務があったり、最低でも1年以上は住むことなどの条件があるので、きちんと契約書を確認して下さい。
通常、賃貸物件の場合、契約は2年なので、家賃は10万円×24ヶ月で240万円になりますが、フリーレント1ヶ月で家賃10万円の賃貸し物件を借りた場合、家賃は10万円×230万円になるので、一月に換算すると、9万6千円になります。
つまり、フリーレントの場合、その場所に2年間は住む積りで借りたほうがお得になるのです。
最近では都心だけではなく、全国にフリーレント物件は広がっていて、新築物件の宣伝のためにフリーレントキャンペーンを行っているケースもあります。
フリーレントだけに釣られて、契約してしまうといざ住んでみたら色々と気に入らない部分が出て来ても、契約期間内は住み続けなければならないので、事前に周囲の環境や部屋など候補をいくつか探して、これなら契約期間は住み続けられる!と思う物件を借りるようにして下さい。


Copyright (C)2017なんとかなるかも!賃貸物件の収納能力について.All rights reserved.