なんとかなるかも!賃貸物件の収納能力について

新しく進化した女性向けの賃貸し物件

最近は、女性向きの賃貸物件も増えて来たので、一人暮しの女性にとってはかなり選択肢が増えてきたようです。
今、結婚して子供を生んで専業主婦になるだけが目的ではない!という女性がどんどん増えているために、働き盛りの女性のための快適な一人暮しができる賃貸物件は、ニーズが高まっているのです。
住宅メーカーが最初から女性が一人暮しをすることを設定して建物を作っているケースもあります。
例えば、20〜30代の独身女性にアンケートを取った結果、賃貸物件で一番気になるのが「防犯対策」とのことで、ピッキングしづらいカードキーにしたり、すぐに開けられないようにロックを2〜3重に取り付けるなどの対策がなされています。
また、室内にいながらにして、来訪者の顔を確認することのできるモニターや、荷物を配達しに来た宅配便と顔を合わせる必要のないフルタイムロッカーや、夜遅くなどは特に気になるエレベーター内の様子を見れるモニターをホールに取り付けたりなどの工夫もされているようです。
室内は、女性に多いブーツを折り曲げずに収納できるシューズ収納棚や、普通の住居よりも広めのクローゼット、髪の毛も洗うことのできるシャワー付きの洗面所など、女性にはうれしい仕様も増えています。
昔は多かった一人暮し用の部屋のユニットバスですが、今人気があるのは断然セパレートタイプです。
ゆったりと長い時間かけてボディやフェイスケアをしたり、半身浴をしたりと美容やダイエット、アンチエイジングのためには身体をのばしてバスタブに浸かることのできるお風呂は、女性にとっては必須アイテム。
トイレが別々なのはもはや当たり前!
そのような物件も多くなってきたので、じっくりと探してみましょう。
特に平日は忙しく夜遅くまで仕事に頑張っている人にとっては、バスタイムは貴重なので、部屋の広さよりもこちらを重視したほうが快適かもしれません。
また、今注目されているのが、女性向けの賃貸集合住宅。
パナホーム株式会社が、女性専用に全国で展開している物件で、女性の社会進出や、非婚などに伴い作られた集合住宅で、安心安全でかつ間取りやインテリア、外観などがデザイン性が高くオシャレであることが特長です。
ターゲット層は、ヤングからミドル、シニアの単身女性や、DINKSの夫婦、シングルマザーなど。
ここでは、実際に暮してみたらどんな感じかを試すことのできる、「おためしステイ」用の住宅を用意していること。
2〜4週間、試しに住むことができ、パナソニックのナイトスチーマーやアノドライヤーなどや、提携している会社の商品も使うことができるというお得なシステムです。


Copyright (C)2017なんとかなるかも!賃貸物件の収納能力について.All rights reserved.